JL1LOF HamRadioのつぶやき

1990年のQSOパーティーを最後にQRTしていましたが、2013年初夏にカムバックしました。どうぞよろしくお願いいたします。

2017年03月

仕事忙しく無線もブログもすっかりご無沙汰してしまいました。
前回更新以降のトピックスです。
ちょっと鮮度が落ちているものもありますがご容赦ください。
 
 
1.JARL東京支部大会
 
LJHさん、UJBさん、LRTさんとご一緒させて頂きました。
2016年東京コンテストに入賞できたので賞状を受け取るのが目的でした。
「ところが!」
入賞しても都外の部は表彰対象外だったのです!
「片付けなきゃいけない仕事を放置して参加したのに。。。」
でもコンテスターのみなさんとお話することができ楽しく過ごさせて頂きました。
Masacoさんの素晴らしい歌を至近距離で拝見できました。

谷+1 (タニ プラス ワン)さんのドローン芸も楽しませて頂きました。
それにしても、入賞できたのに残念。。。

 

2.埼玉コンテスト結果発表
 
 
2b158ce6.png

 
フル参加でしたが入賞には遠く及びませんでした。
上位の方とは圧倒的な局数差となってしまいました。
「何でこんなに差がつくんだろう?」


①開始時にCWのCQでスタートすればよかった(コンディションも比較的よかった)
②点数を気にせずSSBでもっと粘ればよかった
③CQ空振り時の時間の使い方に工夫が必要
→とは言うものの具体的にはどうすればいいのかわからず

設備ももっと工夫する必要あるのかもしれませんね。



3.【移動運用】埼玉県戸田市 7MHz CW 170329

 
b95170fc.jpg


JCC1324/BA1628 に移動しました。
BigAwardでWanted度が高かった埼玉県戸田市を選びました。
彩湖・道満グリーンパークの駐車場をお借りしましたが7.5mのポールあげる勇気ありませんでした。
立木を利用して目立たないようにフルサイズZeppを設置しました。
「お~これは目立たなくていいじゃん!」
と思ったら地上高は約2mでした。
「こんな高さじゃ全然ダメだろ?」
どれくらいダメなのか比較するため、モービルホイップと釣竿短縮バーチカルも併設してみました。
3つのアンテナを比較すると
「やっぱりフルサイズか!」
一番よく聞こえました。
モビホよりもバーチカルはS1~2,3程度上、バーチカルよりもZeppはS3~4程度上でした。
QSBもあり厳密にこれだけ違った訳ではありませんが大体こんな感じでした。
バーチカルとZeppの比較では、稀にバーチカルのほうがよく聞こえることもありました。
垂直系同志で偏波面の相性がよかったのでしょうか。
なかなか興味深い実験ができました。
「2m高でもバーチカルよりは断然いい!」
そう感じました。
都会移動など目立つとマズイ時等、この方法ならより強い信号でサービスできると感じました。
交信頂いたみなさまありがとうございました。

 
6f4ab2f9.jpg


 
c38a13d9.jpg

 
 
4.連続交信記録断念

前回中断後続いたのは5日でした。
今回は飲みではなく仕事でした。
その後17日間中断が続きました。
「やっぱりサラリーマンには1日1交信はムリだ~」

 

年度末で仕事多忙(?)につきブログ更新が滞りました。
2週間分の無線活動の記録です。


1. 1日1QSO

3.5MHzモビホ導入により何日連続でQSOできるか挑戦しています。
最初は9日連続でした。
中断した原因は飲みでした。
改めて挑戦しましたがまたもや飲みにより中断となってしまいました。
13日でした。
その次は10日です。
ネックはやはり飲みです。
ただいま5日連続中。
サラリーマンには1日1QSOはかなりの鬼門、記録更新なるか?
ちなみにほとんどJT65です。


2. 3月3日埼玉県富士見市移動 JCC1336/BA1622 170303

平日休みでした。
BigAwardの未交信率が高かった埼玉県富士見市に移動してみました。
10MHzのコンディションが良好でした。
CWのみの運用でした。

あ!この日は自宅から3.5MHzCWで雛コンテストにも参加しました。
3局だけ交信できました。。。
 
c37dfd6a.jpg

 
5c8db2c8.jpg

 
 
3. オールJAφ3.5MHzコンテスト 170311

自宅から2階ベランダ設置のモビホでCW部門に参加しました。
聞こえていてもS5程度では箸にも棒にもかかりませんでした。
何回コールしてもCQの連続でした。
「QRPじゃなく50W出してるんだからコールしてるのに気が付いて!」
心の中で叫んでました。
やっぱりモビホは非力だなぁ。。。



4. オールJAφ7MHzコンテスト 170312
 
埼玉県さいたま市桜区 JCC134406/BA1619に移動してCW部門に参加しました。
3.5MHzではストレスの残る結果だったのでフルサイズのANTでリベンジに挑みました。
コンディションよかったスタート直後を呼び回りで入ったので局数伸びませんでした。
「今思えばCQ出してほうがよかったかも。。。」
時間が経つに連れコンディションみるみる下がりました。
「去年はコンディションの低下を感じることなかったよなぁ」
終了に近づくにつれコンディション復活してきましたが、昨年より交信局数少なく終了を迎えました。
「無線やった感が全然残ってないよ。」
何となくモヤモヤ感残ってしまいました。

 
 
5. 移動運用でJT65運用
 
JAφコンテストのモヤモヤを晴らせればと思い、コンテストに引き続きJT65運用してみました。
JT65は一回の交信で13文字までしか送れません。
/1をつけることにより2文字を消費してしまいます。
その制限の中で必要な情報をいかにして送信するか苦心しました。
意外にアタマ使います。
しかも時間制限もアリマス。。。
RIGの設定は5Wでしたが、デコードソフトで出力が更に70%程度になっていたので実態は約3.5Wでした。
「せっかくフルサイズ使えるのに自宅でも楽しめるJT65ではなくSSBやCWのほうがよかったかも。。。」
フトそんなこと感じてしまいました。
でも移動運用でのJT65の交信法、自分なりのスタイルができました。
e7eb6244.jpg

 
 
各場面で交信いただいたみなさまありがとうございました。
次の機会もよろしくお願いいたします。


このページのトップヘ