JL1LOF HamRadioのつぶやき

1990年のQSOパーティーを最後にQRTしていましたが、2013年初夏にカムバックしました。どうぞよろしくお願いいたします。

2015年10月

4b9a8dcb.jpg

埼玉県志木市の荒川河川敷に移動しました。

本日は会社休みでした。
手軽に行ける荒川河川敷を選びました。
本当は50MHzで移動運用したいのです。
50MHzは標高の高いところに行かねば交信相手が見つかりにくく、
平日ということもあり7MHzでの運用となりました。
そういう意味では7MHzの移動運用はとてもお手軽です。
平地移動でワイヤーアンテナで平日でも交信相手に困ることはありません。
いつの間にか7MHzでの運用が増えました。
かろうじて50MHzの方が交信局数が多いですが、
7MHzが逆転する日が来るのもそう遠くはなさそうです。


本日の交信局数は11局のみでした。
ディープサイクルバッテリーの電圧降下によりIC7100Mの電源が落ちてしまったからです。
出力100%でRIGの電源落ちたので70%で運用していました。
それでも電源落ちたので運用やめてしまいました。
出力100%ではRIGの電圧表示は10V程度まで下がります。
いよいよ寿命ということでしょうか?
使用期間は約2年です。
ディープサイクルバッテリー専用のパルス充電器を使ってます。
延命策はないものでしょうか?

1area 2
2area 2
3area 3
4area 1
5area 1
6area 1
7area 1
--------
Total 11

17:10-17:30までの約20分の運用でした。
日が暮れて周囲は暗くなっていました。
7MHzは冬のコンディションに変わっていました。
この時間では国内はスキップが始まっており、
ガツーンと強力に入感という感じではありませんでした。
久しぶりに沖縄と交信できました。

交信頂いたみなさま、ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。



残念ながら1時間しか参加できませんでした。


コンテスト当日は仕事でした。出勤前に少しだけ自宅から参加しました。

常設しているアンテナは
7MHz 5mh Mobile Whip
(DIAMOND ANTENNA HF40CL)
50,144,430MHz 8mh GP
(DIAMOND ANTENNA V2000)

たくさんの方とお会いするには限界を感じてます。
自宅のアンテナもグレードアップ図りたいです。

約1時間だけ参加できました。

①平日は無線やる余裕少ない

平日に無線機の電源入れることは少ないです。普段は会社から帰ってきて食事して、録画した朝ドラ等見て、入浴したらもう寝る時間です。コンテストはお祭りのような特別な感じがするので、少しだけでも参加したいと思いました。

②移動運用できず

早く帰って来れれば移動運用で3.5MHzか7MHzで参加したかったです。夜にコンディションよくなる3.5MHzはコンテストが移動運用するよいきっかけになります。夜の移動運用はついつい躊躇してしまうからです。残念ながら帰ってきたのが22時ごろだったので食事してから出かける時間はありませんでした。やむなく自宅からの参加でした。

③結果

入賞は目指していません。お祭りに参加したいのとUSB-IF CWが当たるといいなぁというのが主目的でした。50,144,430MHzの3バンドで25QSOでした。USB-IF CWの抽選権が獲得できてよかったです。


平日のコンテストはしんどいです。今回は違いますが、日数がマルチとなるようなコンテストはサラリーマンには鬼門です。

0cbceb2e.jpg


昨年に引き続き今年も参加させて頂きました。終了後は移動運用を行いました。

FOXは2匹、制限時間は100分です。昨年はSメーターが正常に動作しないC520に付属のホイップでしたが、今年はSメーターが正常に動作するID51と5エレ八木にグレードアップです。

結果は。。。1匹(FOX2)しか見つけられませんでした。しかし、前回は制限時間をフルに使って1匹見つけるのがやっとでしたが、今回は割と早めに1匹を見つけることができました。16参加者中、2番目に発見できました。残り1匹(FOX1)を見つけるのに十分な時間がありました。FOXの近くまで行っていたのですが残念ながらタイムアウトで発見できませんでした。
競技終了後に他の参加者から聞いた話では、薮の中に隠して設置してあったそうです。薮の中を何回も探したのですが…1匹目が早めに見つかっただけにとても悔しい思いをしました。

54647822.jpg



会場は埼玉県東松山市でした。このまま帰るのはもったいないので東松山市の移動ポイントを調査しに行きました。物見山に行きました。430MHzの10cmほどのホイップでも多くのQSOが入感したのでロケーションは悪くないと感じました。残念ながら車で行けるところではありませんでした。駐車場から徒歩2~3分でした。

物見山では装備不十分のため運用しませんでした。でも無線やりたかったので移動運用の聖地、埼玉県比企郡ときがわ町の『堂平山』を目指しました。さすが聖地、先客がいらっしゃいました。ANTを拝見する限り1200MHzのようでした。7,50,430MHzでの運用が問題ないかお声がけさせて頂いたところ1200,2400なので大丈夫ですよ、とのことでした。

14時ごろから設置を始めました。早めに帰ってくるよう、家族から言われていたので7MHzは諦め、50MHzデルタループと144・430MHzのGPだけ設置しました。少ない時間でたくさんの方にお会いできるよう千葉コンテストに参加しました。呼び回りはほとんどせずCQ主体でした。聖地・堂平山からでも聞こえる局は少なく、CQもほとんどが空振りでした。参加局が少なかったということでしょうか。144MHzCWでは当方のCBX県外局のCQに対して、コンテストナンバー 59910や13,14を頂きました。CWなので間違いを指摘できず、そのまま交信しました。16時半に近くなったところで撤収を始めました。1200,2400MHzで運用されてた方とお話をさせて頂きました。なんとコンテストの達人でした。今日は千葉コンテストに参加するため堂平山に来られたとのことでした。オールJAコンテストではここ数年毎年優勝されている方でした。そんな凄い方とお話できて光栄でした。ありがとうございました。

せっかく堂平山に来たのに24局しか交信しませんでした。後髪を引かれる思いで聖地を後にしました。

JARL NEWSを見て公開運用を知り、出かけてみました。
会社の行事が午前中にあったので、その足で埼玉県三郷市に行き、JARL90周年記念特別局8J190Y/1を運用させて頂きました。

ハムフェアの記念局のイメージがあったので、バンドや時間帯は自分の希望通りにはならないだろうと思っていました。ところが以外や以外、私が一番乗りのようでした。

7MHzを運用させて頂きました。珍しくSSBですぐに空き周波数が見つかりました。すぐに見つかっただけあり、コンディションは今ひとつだったように感じました。15局ほどの交信で空振りが始まりました。時間も30分ほど経過していたので次の方に交代だと思いました。でも次の方がいらっしゃらなかったので引き続き運用させて頂けました。

今度はCWでCQ出してみました。最初は空振りにならない程度にコール頂けました。しかしある時点で急にパイルになりました。クラスターにあげて頂いたのがすぐにわかりました。幸いRIGは私が使っているのと同じIC7100Mでした。操作はわかっていましたがパイルを軽快に捌くことはできませんでした。コール頂いた方がみな同じ音階だと全く解読できませんでした。こちらも一文字だけでもコピーしようと必死でした。いろんな方にこのような時の対応方法を教えて頂いたはずでしたが、腹に落ちて理解していなかったのと、パイルであたふたしていたのとで、うまく解読できませんでした。F?、OF?のように何回も?を打って絞っていきました。最終的に1局に絞れても、安心して聞き逃したり、苦手文字が含まれていたりすると ? を打鍵してしまいました。
音階をずらしてコール頂いた方もいらっしゃいました。低い音階でコール頂くと、とても解読し易かったです。
相変わらずCWの受信能力は向上していません。パイルの捌き方と併せて引き続きの課題です。

約2時間7MHzを運用させて頂きましたが、その後も運用希望者がほとんどいらっしゃらず、50MHzも運用させて頂きました。Eスポシーズンも終わったためかバンド内は何も聞こえませんでした。CQ出してみましたが2局のみでした。AMでもCQ出しましたが交信局は見つかりませんでした。

トータルで約120局と交信させて頂きました。とても楽しませて頂きました。スタッフの皆様、長時間運用させて頂きありがとうございました。
交信頂いたみなさまありがとうございました。

c9452b13.jpg

運用会場の三郷市瑞沼市民センター。
廃校を再利用しているようでした。

このページのトップヘ