JL1LOF HamRadioのつぶやき

1990年のQSOパーティーを最後にQRTしていましたが、2013年初夏にカムバックしました。どうぞよろしくお願いいたします。

2015年08月


4af0250b.jpg

都外電信電話の部50MHz部門で3/18でした!
入賞の次点でした!
あと一息でしたが、入賞するためには更に50局以上交信する必要があります。
まだまだ修行も工夫も必要です。

QSO頂いたみなさま、ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。


65348ccf.jpg


カムバック後、3回目の参加でした。思った以上に収穫ありました。

①ラジオ番組「CQ ham for girls」
を見学できた。
②ラジオ番組「ハムのラジオ」
を見学できた。
③記念局8J190Yの運用ができた。
④今まで疑問だったことを解消できた。

①CQ ham for girlsを見学できた。

f03b521c.jpg

実はこれが一番のお目当てでした。最近はハムのラジオよりこちらのほうを優先して聞くようになりました。案内役のお二人の掛け合いがとても楽しく、なおかつ話題が無線だからです。公開生放送ということでスタジオの前に張り付いてしまいました。ちょっと大人気なく反省しています。相原さん、婚活中とは知りませんでした。生でお二人の掛け合いを楽しませて頂きました。

bcfe6d26.jpg


②ハムのラジオを見学できた。

私がカムバックしたきっかけがこの番組です。FM放送開始前のPodcastの時から全て欠かさず聞いてます。かなりマニアックな内容ですが無線家には大変興味深い番組です。この番組の影響でJT65を始めました。初日はYLさんの見学が多くZKB48という女性の無線クラブの勧誘を行っていました。女性にはチラシが配られていました。家に帰って、高校生の娘に団員募集を紹介しましたが、「興味ない」と速攻で断られました。
2日目はスタジオの前に座り込みしている方がたくさんいました。ファンの多さに驚きました。記念局の運用時間とぶつかり最初の部分しか見学出来ませんでした。ハンディ機を持っていったのに渡部まいこさんとQSOできませんでした。QSLカード手渡しだったのです。残念。。。

ce8d7d65.jpg


③記念局8J190Yの運用ができた。

2日目はこれがメインでした。出遅れたため人気バンドは満杯でした。14,21,28が空いていました。普段運用しないバンドなのでコンディションの状況がわかりません。開いていることを期待して14MHzにしてみました。初の200Wです。CWで運用しました。14MHzで15wpmのQRSでした。1330から25分の運用でしたが結果は3局でした。8エリアが2局、1エリアが1局でした。200Wなら海外とQSO出来るかもと少しは期待したのですがオープンしていませんでした。

④今まで疑問だったことを解消できた。

・JT65
Digital Radio Challengersのブースにお邪魔しました。信号強度9の信号をデコードしない理由、わかりました。JT65では信号が強すぎると歪んでデコード出来ないそうです。

・ARDF
ARDFなぅ!のブースにお邪魔しました。以前から興味ありました。開催情報等の入手方法について訪ねてみました。ARDF日本で検索すると入手出来るそうです。メーリングリストに登録すると更にいろんな情報が入手出来るようです。9月に初心者向けの講習会?があるそうです。是非参加してみたいです。

・ポケットパドル
(手作りパドル)
移動運用で使っているパドルです。私はネットで購入したのですが、ハムフェアの会場で販売しているのを発見しました。最近接触が悪く、パドルを操作しても打電しないことが頻繁に発生します。接点を磨いても状況が変わらないためメンテナンス方法をブースで問い合わせてみました。作成者が自ら修理頂けるとのことでした。メールアドレスを教えて頂きました。親切にご対応頂きました。実は今回のハムフェアで、移動用のパドルを新調しようと思っていましたが、このパドルを使い続けることにしました。

・SDR
私は無線のことは初級者です。技術的なことを始めよくわかっていないことが多いです。SDRはその一つです。アルインコのブースで聞いてみました。わかりやすく言うと、パソコンにソフトウェアをインストールして、パソコンで無線機の操作を行うことをSDRというのだそうです。どうりでHFのリグなのに最小限のツマミしかない訳です。ハムのラジオで特集したこともありましたがよくわかっていませんでした。アルインコの方のご説明でよくわかりました。お買い得なお値段かもしれませんね。

アイボール
お二方だけですが、交信したことのある方にお声掛けし名刺交換させて頂きました。突然声を掛け申し訳ございませんでした。今後ともよろしくお願い致します。

会場での交信
会場で交信した方とアイボールできればと思いID51を持参しました。ところが混変調が激しく、メインチャンネルで8J190Yと会場内で運用されている方との交信が聞こえる状態でした。その他の記念局も運用されており混変調でバンド内はQSO出来るような状態ではありませんでした。渡部まいこさんのCQを発見出来ませんでした。このような状況では仕方のないことなのでしょうか?

買い物
430MHzの15エレを買ってしまいました。初日に見かけ、帰る間際に買おうと思っていたら売り切れていました。
2日目、開場してすぐに買いに行きました。躊躇することなく買ってしまいました。本当に安かったかどうかはわかりません。心理的に買わねば損と思ってしまいました。お陰で一日中アンテナを持ち歩くことになってしまいました。

以上、思っていたよりも楽しめました。

24802aa4.jpg

8/21金曜日、
平日でしたが埼玉県志木市の
荒川河川敷に移動しました。
今日まで会社が夏休みでした。

1.運用結果
エリア 局数
1 12
2 4
3 4
4 7
5 2
7 2
9 2
計 33

2.設備
RIG IC7100M
ANT 7.5mh 逆VフルサイズDP
電源 ディープサイクルバッテリー
M31MF 115Ah

3.運用時の状況
以前より3.5MHzで移動運用したいと
思っており夜間に移動できる
機会を伺っていました。

今日もCWの訓練を兼ねてました。
最初は15wpmのスピードでしたが
慣れてきた頃に
18wpmに上げてみました。

解読出来ない部分もありましたが、
概ね聞き取りできました。
今後は18wpmでもいいかもしれません。

コンテスト時には18wpmは
遅く聞こえますが、
平常時にはこれでも早く聞こえました。

運用中に、
バッテリートラブルがありました。
送信中にいきなり電源が
切れてしまいました。
原因はバッテリーの電圧降下です。
バッテリーを満充電にしていましたが
90分程度でダウンしました。
リグの設定はフルパワー50Wでしたが、
リグのメーターは
POWER50%を表示していました。
IC7100は電源の電圧を
リグのパネルに表示できます。
最大パワー送信時には
10Vちょっとを表示していたので
電源ダウンするのは
時間の問題だと思ってました。
デジタルテスターで測定すると
送信時は12.3V程度だったのですが。。。

ディープサイクルバッテリーを
使い始めて
1年10ヶ月程度。
大電流でバッテリーを
充電状態50%以下にすると
寿命が短くなるように感じました。
最初に寿命が短くなったと感じたのは
昨年のXPOコンテスト後でした。
12時間のコンテストにフル参加でした。
バッテリー本体の充電状態は
50%以下を表示していました。
満充電しましたが、
それ以降電圧降下が
大きくなったように感じました。
今年の6Dコンテスト、FDコンテストと
立て続けに充電状態50%以下が続き
一気にバッテリーの
寿命を縮めたようです。
50Wの移動運用には
発電機でないと満足な運用は
出来ないのかもしれませんね。
これからも移動運用中心の
無線スタイルを考えれば
発電機を調達する必要
あるかもしれません。
新規に調達するには
かなり躊躇してしまいます。
ディープサイクルバッテリーを
新規に購入する方が
コストパフォーマンスが
いいように感じます。
発電機はノイズや騒音、
ガソリンの管理も心配です。

いずれにしても
移動運用時の電源は喫緊の問題です。

交信頂いたみなさま
ありがとうございました。
またお会いできることを楽しみにしています。

カードの受領確認や発行は
以外と時間を費やしています。
効率のよい管理方法について
悩んでいます。

現在の管理方法は

1.
JARLから受領後、
交信日時順に並び替える。

2.
ハムログを立ち上げ、
受領した旨を入力する。
QTHやQRAがカード受領で
初めてわかった場合は入力する。

3.
未発行の場合は、
要発行分として仕分する。

4.
未発行分のカードを印刷する。

5.
印刷したカードを
コールサイン順に並び替える。

6.
受領したカードを保存箱に保管する。

文章で書くとこれだけですが、
実際の作業はかなりの時間、
いや莫大な時間を要します。
丸一日費やしても
終わらないときもあります。

一番時間かかるのが2. 4. です。

私はコンテストでは
カードを発行していません。
※コンテストの交信時に
お約束している場合は
発行しています。
お約束していなくても
PSE QSLとなっている場合は
お送りさせて頂いています。

しかし、カードを一律発行すると
3. 4. 5. の作業が省けます。
紙の無駄のようにも感じますが
時間を節約するには、
この方法のほうがいいかも
しれませんね。

更に6. の保管についても
整理方法が確立できていません。
空き箱にそのまま入れているだけです。
空き箱の大きさに統一制なく、
置き場所にも困ってます。
本当はコールサイン順に並べたいです。
でも2ヶ月毎、
JARLから送られてくる毎に
並べ替えが発生するのは避けたいです。

QSLカードは送って頂いた方の
まごころが込められています。
無下に扱うことはできません。

カムバックして丸2年。
運用面はそれなりに充実しましたが、
QSLカードの管理方法は
まだまだ手探り状態です。

※※
数カ月前にJARLから
受領したカードが
丸ごとそのままになっていました。
上記チェックを失念致しました。
1年以上前のカードが届いた場合は
ご容赦下さい。
発行が遅くなり
大変申し訳ございません。

茨城県久慈郡大子町の「袋田の滝」、
同県ひたちなか市の
「国営ひたち海浜公園」へ
観光旅行に行って来ました。

少しでも無線をやりたいと思い、
カバンにID51plusを忍ばせました。
D-STARレピータ利用すれば
ハンディ機にホイップANTでも
無線できると期待しました。

「袋田の滝」は同町内に
大子430レピータがあります。
アクセスできるだろうと思いましたが、
駄目でした。
もちろん、他のレピータも
アクセスできませんでした。
周りを山に囲まれているため
当然と言えば当然です。

ひたち海浜公園は
運用場所によって結果が異なりました。
徒歩では回りきれない
広大な敷地でした。
レンタサイクルの利用がオススメです。
園内で最も標高のある場所、
「みはらしの丘」では
那珂430、水戸430、つくば430
にアクセスできました。
残念ながらQSOする余裕なく、
カーチャンクのみでした。
海岸に面した
「砂丘エリア」では
いずれのレピータも
アクセスできませんでした。

無線が楽しめなかったので
グルメを堪能しました。

那珂湊おさかな市場に行きました。
生牡蠣が300円で味わえました。
目の前で牡蠣の殻をこじ開け、
それを売っているのです。
普段は食当たりが気になり
生牡蠣は避けるのですが、
新鮮さを目の当たりにしたので
挑戦してみました。
300円のサイズは売り切れとなり、
500円の大サイズでした。
2個では800円のサービスでした。
普段食べないので
比較ができなかったのですが、
食後、なまぐさい味が口の中に
ほとんど残りませんでした。
肝の苦い味が全くありませんでした。
ほんのりと甘みがありました。
新鮮なので硬い部分がなく
ツルッと食べられました。
日本酒との相性、抜群だと思います。
車運転していなければ
是非飲みたかったです。

大子町(奥久慈)では
シャモが名物のようでした。
シャモの鶏卵やシャモ丼、
シャモのテール(ぼんじり)
の販売をよく見かけました。
鶏卵買いたかったのですが
旅行初日だったので
持ち運びのことを考え諦めました。
テールは美味でした。
炭火焼で余計な脂が抜けており、
味付けの岩塩が
絶妙なウマさを引き出していました。

無線出来なかったのは
とても残念でしたが
グルメを楽しめました。

那珂湊おさかな市場

2123bddf.jpg

baa7a8fb.jpg

241e65c1.jpg


袋田の滝

2c13e569.jpg


ひたち海浜公園
みはらしの丘

aed456bf.jpg


このページのトップヘ