JL1LOF HamRadioのつぶやき

1990年のQSOパーティーを最後にQRTしていましたが、2013年初夏にカムバックしました。どうぞよろしくお願いいたします。

2015年02月

今日は無線以外の話を記録します。

①ランニングの話
②テレビドラマの話
③お酒の話

①ランニングの話
 3月の最終日曜日にハーフマラソンに参加する予定です。
 
 
 土日に練習する計画ですが、
 無線に忙しくあまりランニングの練習できてません。
 ランニングの練習すべきところ、無線を選択してしまいます。
 昨日の移動運用で帰る時間を気にしたのはそのためです。
 結局練習しませんでした。
 無線とランニングの両立に悩んでます。

②テレビドラマの話
 テレビはほとんど見る時間がありません。
 でもNHKの朝ドラだけは毎日みています。
 仕事があるのでもちろん録画です。
 今は「マッサン」見てます。
 マッサンのオープニングで麦畑がでてくるのですが、
 あのような広大な景色をみると、「3.5MHzのアンテナでも周りを気にせずに設置できるなぁ」
 と、いつもそう思って見てます。
 「3.5どころか1.9MHzも設置できるなぁ」と毎日感じてます。
 いつかは1.9MHzのフルサイズを設置できるところに移動してみたいです。

③お酒の話
 よく飲むのはビールです。
 ビールは糖分が多いと聞き、
 最近は焼酎が増えてきました。
 麦よりも芋のほうが好きです。
 芋焼酎の本場、九州に行って芋焼酎を飲みながら無線の話ができれば最高ですね。
 ワイン(赤)飲むことも多いです。
 「ポリフェノール」がカラダにいいと聞き飲むようになりました。
 マッサン見ている影響でウィスキーも飲んでみたいと思いました。
 ブラックニッカのクリアを買いましたが、ドラマで言っているほど煙クサさを感じません。
 飲みやすいです。
 ブラックニッカ 「クリア」 だからでしょうか。
 復刻盤も売っているそうです。
 これがマッサン(ニッカウイスキーの創業者)の作ったウィスキーのようです。
 どれだけ煙クサくて、日本人の口に合わないか試してみたいです。

なんだかんだ言っても、無線のことに関係してしまいました。



約100分で59の方々にお相手頂けました。
1エリア20局、2エリア4局、3エリア8局、4エリア8局、5エリア4局、
6エリア  3局、7エリア2局、8エリア5局、9エリア4局、0エリア1局
1dayAJDが達成できました。
交信頂いたみなさまありがとうございました。

用事がありJCC110116の実家に行きました。
早々に用事を終わらせ、実家近くの丘の上に移動しました。
60分程度で20局程度交信できれば帰ろうと思っていました。
7MHzよりも混雑の少ない10MHzを選びました。
今日もCWの訓練を兼ねました。
ANTは7MHzダブルバズーカを流用したものです。
チューナーなしでSWR1.2まで下がりました。
日曜日のせいか前に運用したときよりも混雑していました。
呼びまわりをしながら空き周波数を探しだしCQをだしてみました。
今日は自分的にはうれしい悲鳴でした。
パイルになったからです。
ヘボオペ振りを暴露してしまいました。
(それが故、途中からMA0682を打電するのをやめました)
たくさんの方にコール頂きコールサインがとりきれません。
多くの方がゼロインした周波数でコールいただきました。
同じ音程だと聞き分けができません。
ゼロインからずらしてコール頂けた方から交信させていただきました。
いつもは少しでも機械的なQSOにならないように心掛けていますが、
今日はお待たせする方が申し訳ないと思い、一部の方には機械的なQSOになってしまいました。
ちょっと心残りです。

コール頂いた方にお待たせせずに、もっと効率的にQSOする方法を考えさせられました。
余計なことは打電せずに必要な項目だけ、コールサインとRSTレポートだけを送信する。
そしてすぐにお待たせしている方との交信に入る。
これができないとせっかくコール頂いた方々との交信の機会を逃すと感じました。
でも自分的には機械的で味気ないQSOに躊躇してしまいます。
その葛藤に悩みました。

たくさんの方々にコール頂き予定よりも長く無線ができました。
コールが途切れた瞬間にCLを打電してほぼ強制的に終了させました。
帰る時間を気にしなければもっとやりたかったです。

コール頂いたみなさま、お待たせしたにも関わらず交信いただきありがとうございました。
パイルになったときは機械的なQSOになるかもしれませんが、今後ともよろしくお願い致します。

帰る時間を気にしすぎて写真をとるの忘れました。
代わりにお正月に今回の運用地点の近くから撮影した写真を添付しました。
富士山がきれいに見えるスポットです。

70d5c48c.jpg



感動しました!
交信できました!!

ARRL International DX Contest CW が開催されているのは知ってました。
しかし貧弱な設備では交信はムリと思ってたので興味持ってませんでした。
ホームではHFは7MHzのモービルホイップ(HF40CL)だけ常設しています。
寝る前に、アメリカからの電波なんて聞こえることないよな、と思いながらも聞くだけ試してみました。
一応聞こえました。
コンディションのピークではリアルS9です。
QSBが大きく、谷間では聞き取れません。
相手はおそらくキロワット級の出力でオンエアしているでしょうから、
こんな状況ではとても交信などムリと思ってました。
まぁ呼ぶだけ呼んでみようと、QSBのヤマを待ちました。
「?」が返ってきました。
あれ?自分の電波が届いている?
または他局が呼んでいる?
再度コールしてみると、私がコールし終わったタイミングで再度「?」が返ってきました。
もしかして自分の電波が届いているかも、と思い2回続けてコールしました。
なんと、自分のコールが返ってきたではありませんか!
アメリカまで電波が届いた!!
興奮しました。
50Wにモビホなのでかなり微弱だったハズです。
コンテストナンバーは3回ほど送信しましたが、TUが返ってきました。
なんと交信成立!!
やったー! 心の中で叫びました。
ちょっと信じられません。

もっと交信できるかな?と他の局を探しました。
QSBのヤマにあわせてコールすると、なんとまた拾って頂けました!
2局も交信できました。
その後更に2局上積みでき、合計で4局も交信できました。
カナダBC、米国MI、米国CA、米国CO
コンディションと相手の耳の良さに助けられました。
それにしても50Wにモビホで北米と4局も交信できるとは驚きです。
感動が冷めないうちにブログに記録を残しているところです。
それにしてもビックリです。
無線の楽しさを満喫しました。


522563e8.jpg



JT65申請しました。
その他デジタルモードも申請しました。
電子申請使いました。
『デジタルモード』『申請』で検索できた方々のホームページを参考に、
よく理解できていないまま手探り状態で申請したので、
順調に認可とならないと思います。
気長に対応しようと思ってます。

P.S.
プロフィール表示名変更しました。
表示名に*があり気になってました。
変更できること知りませんでした。



昨日は3.5のダイポールに10MHzを同調させましたが、今日は愛用している7MHzのダブルバズーカに10MHzをのせてみました。
7MHzのANTなのでそのままでは同調しません。
エレメント長を短くする必要があります。
7MHzのダブルバズーカはとても気にいっているので、エレメントをカットして、7MHzで使えなくなるのは困ります。
カットではなく折り返すことによって10MHzに同調するようにしてみました。
短縮率を考慮した長さに折り返したら。。。
同調しました!
チューナーなしでSWR1.5です。
今日は強風だったので風の状況で1.4~2.2位まで変動しましたが十分実用範囲内です。
チューナーを入れて1.0まで落ちました。
早速運用してみました。
21局、1・3・4・6・7・8エリアと交信できました。
アンテナが樹木や家屋で遮られている環境でしたが満足のいく結果となりました。
折り返し長を変えればチューナーなしで1.0まで調整できそうです。

7.5mのポールを手元まで縮めてエレメント長を7MHz用に戻し、またポールを7.5mに上げるのはちょっと時間がかかります。
滑車を使えばポールを縮めなくてもアンテナを手元まで降ろせ短時間でバンド切替できるでしょうか?
まだまだ10MHzは暫定運用です。
でも楽しみが増えました。

10MHzで交信頂いたみなさま、未熟なCWにお付き合い頂きありがとうございました。
またお会いできれば嬉しいです。

c670e9d0.jpg


エレメント末端です。
こんな感じで折り返してみました。強風で寒かったので帰ってきて家の中で撮影しました。

このページのトップヘ