JL1LOF HamRadioのつぶやき

1990年のQSOパーティーを最後にQRTしていましたが、2013年初夏にカムバックしました。どうぞよろしくお願いいたします。

2014年12月

A1 CLUBのホームページに掲載されている練習用mp3を利用させて頂いてます。
基本100単語をipodで繰り返し聞いてます。
歩きながらのためか、何回聞いても完全に解読できません。
必ず、ーー・ って何だっけ? みたいに止まってしまいます。
そうするとその後の何文字かを聞き落としてしまいます。
毎回同じ文字ばかりではありません。
(不得意な文字は止まることが多いですが)
何回も解読できている ・ー ーー ですら 何? となるときもあります。
・・・・ ・・ ・・・ のような短点の連続も苦手です。

一度ですべてを解読できるようになったら次の題目を練習しようと思ってます。

上達には反復しかないと信じて練習してます。
海外コンテストのハイスピードを一回で解読できるようになるにはまだまだ練習が必要です。

仕事納めで職場の飲みでした。
無線のムの字も知らない人達との飲みでした。
お酒嫌いじゃないのでほぼ終電になってしまいました。
まだ電車の中です。
無線の話は後日に繰り延べです。

電信級の免許取得したのは30年以上前です。
免許取得後、何回かCWでQSOしたことはありましたが、
上達する前にCWをあきらめてしまいました。
最近アマチュア無線にカムバックしたのですが、
CWはカムバックしてから始めたようなものです。
(カムバックのことについては今後書き込みしていきたいと思います)
カムバック後CWで何回もQSOしていますが、
受信にはまだまだ苦労しています。
早いスピードは反復して聞かないと解読できません。
通勤途中で毎日受信練習しているのですが。。。
 
明日も仕事なので今日は寝ます。
後日続きを書き込みしたいと思います。
 

この週末は50Mhz CW1局、430Mhz FM1局、430Mhz D-STAR1局、計3局との交信で終わりました。
7Mhzはモービルホイップです。
ノイズがS7ほどあり、今日のコンディションではそれを超える信号はなく、QSOに至りませんでした。
AMロールコールは聞こえませんでした。
D-STAR、CWについては今後書き込みしたいと思います。
 
明日は仕事、30日まで勤務です。

移動運用でボイジャーディープサイクルバッテリーM31MFを使用しています。
バッテリーに直結して使ってます。
この状態では50Wフルパワーでません。
充電直後で40Wくらいです。
これを解決するためにDC/ACインバータと安定化電源を使います。
そうすると50Wフルパワーを捻出できます。
ところがこの方法ではバッテーリーの持ちがとても悪いです。
9月のEXPOコンテストで12時間フルに参加した際の使用感です。
7Mhzの電信・電話部門に参加しました。
呼びまわりよりも空振りのCQを出す方が多かったため受信よりも送信の方が多かったかもしれません。
SSB50%、CW50%くらいだったと思います。
コンテスト終了の12時間後には、バッテリーの比重計は50%未満を表示していました。
充電器では残り容量10%を表示しており満充電までいつもよりかなり時間がかかりました。
安定化電源のスイッチをオンにするだけでかなり消費している感じがしました。
その上に50W出力(実際は40W程度)の20A近い電流を消費したため、
12時間でバッテリーがヘトヘトになったものと思われます。
そこで50W出力とバッテリーの持続力を期待してバッテリブースターMFJ-4416Bの購入を検討しています。
バッテリー直結でフルパワーは期待できそうですが持続時間に疑問が残ります。
それなりのお値段でもあり購入を躊躇しています。
40Wでも充分なのでこのままでもいいとは思いますが。。。
 
 

このページのトップヘ